記事一覧

顛末書

初めまして、私は動物愛護団体には縁がない

普通の一般市民です

今回は、実際に逢った事実や警察や容疑者の状況


容疑者と逢って話した音声データ
容疑者が遺棄したという場所を容疑者自身で🔵をつけた地図
誓約書
他の被害者が容疑者とやりとりした多くのスクリーンショット
多くの証拠を持っています

是非、御社の報道番組で取り上げて頂きたくお願いも申し上げます

どうか、どうか
同じ被害が増えないようご尽力いただけますと幸いです

以下顛末書となります



顛末書及び要望書

以下、本日に至る顛末及び私の要望書と致します

・私達家族は、自宅が地上げにあい、急きょ解体する事となり、2匹の猫を「メルカリアッテ」というアプリを仕様し、2匹の猫の里親を探しました。

・今回探している、若しくは被害にあっていると予想される猫の名前はZIPPOと言います、10年間子供のように可愛がり飼ってきました

・メルカリアッテに応募があり、その里親はメルカリアッテ内ではエスティンと名乗っていました。

・中央区の自宅に呼び、30分以上の面談を行いました

・湯山と名乗りました、譲渡書は交わせませんでした

・6年前に猫を亡くし、また飼いたいとの内容で非常に猫の扱いに慣れているのですっかり信用してしまい、中央区の自宅でZIPPOを渡しました。

・シルバーのエスティマが見えなくなるまで、夫婦で手を振り見送りました。

・その際の約束は

(イ) いつでも逢わせてくれる
(ロ) 定期的に写メを送ってくれる
(ハ) ZIPPOだけを飼育し、多頭飼いはしない

・11月19日に、ZIPPO、トイレ、トイレの砂、2~3か月分の餌、ぬいぐるみを渡しました。

・当日、LINEというアプリで、到着した旨、そしてZIPPOの写真が送られてきました。

・猫は慣れるまで時間がかかるので、電話をしないように気づかい日にちが経ちましたが、湯山からは連絡が一切なく、心配になり何度もLINEや、メルカリアッテを使い連絡を試みました。

・ある時、メルカリアッテ内のエスティンの評価に、ZIPPO以外の猫の里親として評価されているのが確認出来ました。

・約束が履行されなかった為、多くの手段を使い湯山を探しました

・当然、湯山の自宅を探しましたが、自宅を見つける事が出来ませんでした。

・メルカリアッテ内で知り合った人物数名と情報交換致しましたが、見つからず、またメルカリアッテからも情報開示を依頼しましたが、開示してくれなかった。

・私はツイッターのアカウントをもっていましたが、長年使用しておらず、メルカリアッテ内で知り合った人物が、代わりにツイッターで呼びかけてくれました。

・12月23日に、札幌東警察署元町交番に連絡をしました、対応して下さったのは「カ🔵ハラさん」という警察官でした。

・動物愛護法違反の疑いがある、その理由として少なくともZIPPOを除いて3匹の里親になっている、湯山と連絡がとれない、多頭飼いはしない約束だったとの内容を話しました。

・カ🔵ハラ警官は

(イ) 本当に猫が好きで多頭飼いするのは悪い事ではない
(ロ) 殺されたり、虐待された証拠があれば動く
(ハ) あなたね!もしも湯山が猫好きで、多頭飼いしていて可愛がられていたらどうしますか?
(ニ) 虐待さている可能性は無いです、私は感じません。
(ホ) 心配なら探偵を使って下さい
(ヘ) 警察官として解答していますとの事でした

・12月25日、仲間達の力を借りて、湯山の居場所や内容を突き止めました、会社や会社の社長とも連絡を取りました

・12月26日に私は湯山の入院している病院に行きました

・猫を6~7匹もらった

・そのうち2~3匹は殴って殺した

・一匹は白と黒の混じった成猫で、殺してゴミの日に出した

・ZIPPOは警察に提出した地図(ホーマック東苗穂店裏)に捨てた

・病室に入る時は看護師と一緒でしたが、湯山本人が看護師を病室から出しました

・私は筆記道具とICレコーダーをテーブルに出し会話全てを録音しました

・12月26日16:39に知らない番号から電話があり、電話に出ると東警察署からの電話でした。

・運転中だったので、10分後に電話をくださいと言って電話を終了しました

・同日16:48分に東警察署の当日夜勤担当だった警察官に、全て伝えました病院名や湯山が話した事です。

・私はその時も現在も背骨(第6胸椎)を骨折しております

・湯山が入院している間に挙げたいのでとの内容で、出頭を求められましたが、それが叶わぬ事を伝えました。

・代わりの者を豊平区の自宅に行かせるとの事で電話を終えました

・証拠品や、私の携帯電話の接写、湯山が書いた書類等々を持ち帰りました

・初動調査依頼の、カ🔵ハラ警察官には注意しておくと言いました

・12月27日に警察から電話がありICレコーダーを返却したいのと、調書の件で1時間くらい時間が欲しい、朝なら何時でも良いと🔵鍋警察官から言われました
・12月28日の8:00に会社でお願いしましたが、8:30では駄目ですか?9:00でも良いですか?と言われたので9:00に清田区の会社横の駐車場内でお逢いしました。

・人間を殺したわけではないので、緊急には動けない理由、退院してからでないと出来ない理由等々を聞き、🔵鍋警官の読み上げる内容に、付け足したい事もありましたが、これは、湯山に被害を受けたという事に使うものなので、少しくらい違っていても問題ないと、警察官に言われ、書類にサインと、ICレコーダーの返却を受けました。

・11月26日から、夫婦ともども、睡眠障害や悪夢での夜間覚醒、フラッシュバック等々の症状が出始め、妻はほぼ寝たきりになりました。

・毎晩、ZIPPOを探し続け、悪夢に悩まされ命を絶とうとも思いました。

・気が狂いそうになり、仕事ではミスを多くするようになりました。

・もう一人の被害者をみつけ、連絡をとるようになりました。

・1月6日に🔵鍋警察官と連絡をとり、1月9日9:00に東警察署に出向き、🔵鍋警察官と刑事さんとお話しする事となりました。

・同日夜、🔵鍋警察官に質問があり札幌東警察署に電話をした際、🔵鍋警察官から「これ以上個人を特定するようなツイッターを止めるように、また湯山が入院している病院には行かないでください」そう初めて言われました。

・警察からは「遺棄」とは、走って動けるような猫を外に捨てただけでは遺棄にはあたらない、「遺棄」とは怪我をしたり明らかに命を失うような、予見できるような状態で放す事であり、遺体等が見つからなければ難しいと言われた。

・動物愛護団体や弁護士に確認すると次の内容が各、都道府県警察に周知されていると聞いた。

・飼養されている愛護動物は、一般的には生存のために人間の保護を必要としているこ とから、移転又は置き去りにされて場所的に離隔された時点では健康な状態にある愛護 動物であっても、離隔された場所の状況に関わらず、その後、飢え、疲労、交通事故等 により生命・身体に対する危険に直面するおそれがあると考えられる。
・環自総発第 1412121 号 平成 26 年 12 月 12 日 環境省自然環境局総務課長から 各都道府県・指定都市 ・中核市動物愛護主管部(局)長あて 動物の愛護及び管理に関する法律(昭和 48 年法律第 105 号)第 44 条第3項に規定 する愛護動物の「遺棄」について、別紙のとおり考え方を整理したので、地方自治法 (昭和 22 年法律第 67 号)第 245 条の4第1項の規定に基づく技術的助言として通知 します。 愛護動物の「遺棄」と疑われる事案が発見された場合は、都道府県警察と連携・協 力して、適切な対応に配慮をお願いします。 なお、本件については、警察庁から各都道府県警察等に対し、周知しています。

・上記の件から、警察官から私が聞いた「遺棄」の定義と相違しており、判断を今後仰ぎたい。

・ZIPPOは完全な家飼い猫であり、湯山が言う遺棄日は12月21日21:00~22:00過ぎであり、札幌市は雪も降り気温もかなり低い時期である。

・1月9日9:00、札幌東警察署にて🔵鍋警察官、刑事さん、私の3名で話しをしました。

・詐欺で持って行けるかどうかの話し合いでした

・刑事さんからの質問に私は答えました

・結論からいうと、湯山(容疑者)がいくら口頭で猫を殴り殺したと言っても、里親に出す時点で明らかに、嘘を言っている事がわかるようなやりとり(文章)が欲しい。

・部屋に血痕があってもそれをどう証明するのかも難しい

・動物愛護法容疑で取り調べをする中で、詐欺の件も視野に入れてみますと言われました。

・刑事さんは、生活安全課の🔵鍋警察官よりもきちんと話を聞いてくれました

・ただ一つ、これだけの状況証拠がある、録音もある、書面やスマホでのやり取りもある、生活安全課はいくら年末年始をはさんでいようが、この3連休があろうが、もう少し動く事が出来なかったのか・・・

・それが非常にもどかしく、また🔵鍋警察官は恫喝するような話し方で、話しもなかなか聞いて貰えず不信感が残るばかりです。

・湯山は必ずまたやります、逢って話してそう思いました

・現在3名が札幌東警察署の生活安全課に連絡しています

・証拠が欲しけれは、見つけたいのであればもっと内容を聞いても良いのではないでしょうか?

・愛護動物の遺棄の定義もしりませんでした

・あとは警察に任せて下さいと言いながら、結局遺棄現場を探し続けているのは私です

・どうぞ、これが通常の動きなのか、全国的にそうなのか・・・

・ご回答いただけますと幸いです。

要望

・動物愛護法、詐欺罪、傷害罪、この3点で追及したい
・初動の見極め
・メルカリアッテで湯山が取引した人達のメルカリアッテに対する情報開示
・警察と被害者の信頼の構築
・湯山本人が部屋に血痕があると言っているからしての状況確認
・湯山が遺棄したと言った場所での再捜査
・湯山の今回の感染症が猫等動物の菌が由来していないかの捜査
・12月21日21:00~22:30くらいまでの防犯カメラによる検証
・本件被害者が現在私の知るところ3名いるので各被害者との整合性確認
・その他を要望する。


tirasi


スポンサーサイト

コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

自業自得。しっかり苦しむこと。

私は



アナタが苦しみませんように祈っています

応援します!

ご夫婦は無知だった。本当に苦しんでる。
私は出来る事はしてあげたいし協力したいと思ってます。批判も散々受けて来たと察します。どうぞ迷う事なく前だけ見て活動して下さい。姿は無くともジッポくんへの愛だけが支えですよね。応援します!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんにちは

> こんにちは
> zippoちゃんのことを知り、ご夫婦を思い胸が痛みます..
> 里親詐欺や虐待が起きている中で、テレビのどうぶつ番組では良い部分しか放送されておらず、どうぶつ番組を見ていても白々しく感じてしまいます😖
> マスコミやメディアはお金になる事じゃないとなかなか取り上げてくれない..(私が感じているだけですが🙇)
> 以前、猫のトイレのネット配信のCMで、吉本のタレントの鉄拳さんが描いたパラパラ漫画を見て考えさせられたことがあり
> ご夫婦がzippoちゃんを渡す前に爪を切ってあげたこと、沢山のキャットフードを渡したこと、車が見えなくなるまで手を振っていたこと等
> zippoちゃんへの思いと、起こってしまった事件のことを鉄拳さんの漫画にして配信して貰えたら多くの人が目にし、里親問題を知るきっかけになるのにな..と思いました。微力ですが、吉本興行宛の鉄拳さんに手紙を書くと言う案を考えたのでコメントさせて頂きました。
>
> 長々と失礼しました。
> 一刻も早くzippoちゃんが見つかることを陰ながらいつも祈っています。

ありがとうございます・・・そうですね・・・鉄拳さん・・・お願いしても良いですか?私も当然伝えます、鉄拳さんの目の前で泣き崩れても伝えきりますコンタクトとりたいです!すんごう感謝です

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zippohide

Author:zippohide
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ